ネット決済でクレジットカードが活躍

私は店舗でクレジットカードで決済する機会はあまりありませんが、ネットで決済するときはクレジット決済を利用することがほとんどです。クレジットカードを持っていて一番良かったと思うのはネットでチケットを購入するときですね。手数料が安くなるのが最大のメリットですぐに年会費分の元はとれます。またクレジット決済限定の公演もあるので私にとって必要不可欠なものとなっています。手数料が安くなる上にポイントまで付くのでクレジットカードを利用しない手はないですよね。頻度は多くありませんが野外の公演で天候などの理由で中止になった時チケットをコンビニで発券済みの場合はコンビニで返金になります。すなわちクレジットカードのポイントが無料に付くということです。その他にもクレジットカードを持っていることで得をすることもあるので今後も利用していくつもりです。

使った分が把握しやすくてクレジットカードはとても素敵

私は欲しいものがあると後先考えず買ってしまうからお金にルーズなほうでした。でも、クレジットカードを使い始めてからは明細をチェックする癖がついて、逆にお金の管理が上手くなったのです。毎日WEB上の明細で何の買い物をしたか見ていると、今月はもっと使い方を厳しくしようなどと考えるようになりました。クレジットカードというシステムはいつの間にか使いすぎてしまうというイメージが最初はあったのに、使っていくたびに私の場合は真逆になって驚いています。だからこれからもできるだけカード払いでポイントを少しずつ増やしつつ、家計簿代わりに明細を見ながらやりくりしていこうと思います。私の近所ではカード払いに対応したお店が増えているので、知り合いもクレジットカードを中心にした支払い方法が多くなっているみたいです。

クレジットカードでショッピングが楽しく

クレジットカードを持ってよかった点といえば、ショッピングをする際に財布の中の現金を気にせず済むようになったことです。多額の現金を持ち歩かなくても、大きな買い物を楽しめるようになりました。また、クレジットカードはリボ払いや分割払いといった払い方が楽しめるので、高額なショッピングをするにあたっても、自分の無理のない支払いペースで商品を買うことが出来るのです。クレジットカードを活用したおかげで30万円するピアノを分割で安月給の私でしたが、諦めずに買うことが出来たのでとても嬉しかったです。利用した金額に応じてクレジットカードはポイントが貯まるので、現金で払うよりお得ですし、クレジットカードの存在は節約にも一役買っています。

クレジットカードも注意して使いたいです

クレジットカードはとても便利なものだと思っています。特に現在のクレジットカードにはポイント制度がありますので買い物や公共料金の支払い、サービスの購入にクレジットカードを利用すればある程度大きなポイントが集まり節約にもなります。ただ、クレジットカードの利用で注意しなければならないこともあります。それは使い過ぎです。クレジットカードを利用した代金の請求はいちどに来ますので金融機関の口座にそれだけの現金が入っていないと大変なことになります。クレジットカードの支払いができなくなるとブラックリストに載ってしまう可能性もあります。ブラックリストに載ってしまうと新しいクレジットカードに申し込む際の審査が通らなくなってしまうようです。便利なクレジットカードですが口座に入っている現金を考えて使うのが良いと思います。

クレジットカードを作れませんでした

私も大人の仲間入りとして、今頃になってクレジットカードを持ちたくなったのです。三十歳を過ぎた今、そろそろクレジットカードを持ちたくなったのです。申込書を書いて郵便で送ったのです。それなのになんと、審査に落ちてしまったのです。とても驚きました。私はそのような覚えはありません。審査に落ちるなんて、よっぽどの事です。でも私は住宅ローンもないし、車のローンもありません。キャッシングもした事ありません。それなのに、どうして審査に落ちたのか、とても心配になったのです。でもそれは誰も教えてはくれません。わからないのです。ただはっきりしている事は、私はクレジットカードを作れないという事なのです。とても悔しいです。

現金払いとクレジット払いを分けるコツ

買い物をすべてクレジット払いにしてポイントを稼ぐという節約方法はわりと人気ですが、よほどコントロールが上手でないとつい使いすぎてしまうような気がして自分はすべてはクレジット払いにはしていません。とはいえ、クレジットカードのポイントは魅力的です。そこで、いわゆる固定費だけはクレジットカードを経由して払うことにしています。そして食費、生活費など変動がある支払いはポイントはもったいない気もしますが、あえて現金払いです。大きな家電などの買い替えはもちろんクレジット払いですが、それでも何ヶ月も前から地道にお金を貯めて通帳に金額が貯まってからでないと購入にはふみきれなくなりました。クレジット払いがふくらんで払えなくなるのはとても恐怖だからです。

病院の会計にて

実は知らなかったのですが…クレジットカードには、同じ一枚のカードに複数の決済方法があるんですね!私はふだん、デパートやモールでの買い物の時だけカード決済にしていて、それ以外は現金払いをしています。ところが先日怪我をして病院に行った際、手持ちの現金が少ないことに会計の時やっと気付きました。そこでカード払いにしたのですが、「暗証番号をお願いします」と言われプチパニックに…。買い物の時はいつもサインだけで決済していたので、番号を覚えていなかったのです。間違えて拒否されたら煩雑な手続きがあるだろうし、どうしよう!?と思っていたら「サインでも結構ですよ」と言われ、ようやくどちらでも決済可能なことを知ったのでした。正確にはICチップ対応かどうかによるらしいですが、慌てて違う番号を押さなくて良かった…。自分のクレジットカードの正確な情報を把握していないこと、ちょっと反省しました。

小額商品も買える事を知りませんでした

恥ずかしながら、クレジットカードで小額の買い物ができるというのを最近知りました。普段家電などを分割で購入するのにクレジットカードを利用していたのですが、知人からスーパーで数百円のものもクレジットカードで購入できると聞いて驚きました。なんとなくのイメージで数千円以上でないと使えないのかと思っていました。今まで小銭がないときなど飲み物を買うのを止めたりしていたのですが、この事を知っていれば買ったのになぁとちょっと残念です。ですが、ポイントも貯まるようなのでこれからはスーパーなどでもちょくちょく使っていこうと思います。

クレジットカードでポイント還元

普段の買い物や公共料金・家賃の支払いなどに、クレジットカードを使っています。金額に応じてポイントがたまっていくのですが、とくに家賃などは金額が大きいため、結構すぐにたまってお得です。ポイントは、その月の合計額に対して付与されるため、どんな小さな買い物でも、使えるところではできるだけクレジットカードを使うようにしています。たまったポイントは、たとえば車検のときにキャッシュバックとして使えたり、また他の買い物をするときにも使えたりするので、とても便利です。家族カードを作っておくと、家族が使った分だけポイントの合計も多くなるため、さらにお得です。

クレジットカードがあれば食うに困らない

 たとえ給料日前に手持ちの現金が数百円しかなかったとしても、とりあえず食べ物だけは手に入れることができます。それはなぜかというと、クレジットカードを持っているからです。クレジットカードはよほどレトロな個人商店でない限りほぼ必ずと言って良いほど利用することができますので、限度額オーバーさえしていなければ利用が可能です。 これはとても安心できることで、お金の心配をそこまで深刻に考えなくても良いということです。かといって使い過ぎてしまうのはやはり良くないことですが、とりあえず食べ物が買えるというメリットはとても大きいと私は思います。