どうしても必要になったお金をクレジットカードで借りました

生活費がちょっと困ることになってしまい、それでお金を融通するためにクレジットカードを利用することにしました。この頃は収入が本当にたいへんなことになり前向きになれなかった時期でもありましたが、いろいろと必要になるお金が手元から離れていく中で、とにかく今のこの現状をどうにかしなければいけないと決心してのことでした。クレジットカードを利用する理由にはすぐにお金を用立てできる、そう思ったからです。特にクレジットカードを作るときに面倒なこともそれほどなかったので、手軽だなと感じましたが、やはりいざクレジットカードでお金を借りるとなるとどうしても考えてしまう部分もありました。ですが足りない分どうしても借りなければいけないこともありクレジットカードを利用することにしたんです。今は特にトラブルも無く、少しずつ返済を続けています。

家計簿代わりのクレジットカード利用

私は2年前から単身赴任生活を送っています。困るのは自分が実際にどの程度毎月お金を何に使ってるのかわかりにくくなっているところです。そこで考えたのが」クレジットカードの明細を家計b代わりにすることでした。実際にすべての支払いをクレジットカードにしてしまえば、家計簿に近くなります。今では新聞やジュースといった細かい買い物も含め、クレジットカード支払いにしています。おかげさまで3か月もしたころには自分の生活の傾向が見えてきて支出の傾向も見えてきました。ですから実際に眺めてみて、その月の支出が多くなった部分を反省したり、節約できそうなところをメモしたりすることができるようになりました。今では家内よりもクレジットカードのおかげでお金に細かいです。

クレジットカードの不満な点

クレジットカードは便利で毎日使っています。ポイントを貯めるために、なるべく現金ではなくてクレジットカードで支払うようにしています。現金を使うときは、カードが使えないか、1円玉などの小銭を使いたいときくらいです。でも、クレジットカードに対して不満もあります。それは年会費を取られることと、使わないカードの解約が面倒なことです。年会費以上の商品券などのリターンにつられてカードを作ったが、あまり必要が無く、無駄に年会費を払ってしまっている、というカードが2つくらいあります。早く解約したほうが良いとは思うのですが、電話をして解約しなければならないのが面倒でずるずる来てしまっています。申込みはネットで出来るので、解約もネットでできればいいのに、と強く思います。

クレジットカードで得られるちょっとした優越感

最近は海外のみならず、国内旅行でも飛行機を利用する機会が増えました。もちろん出張でも国内線は大活躍ですが、飛行機の難点はフライトまでの待ち時間が長いことなんですよね。この時間、意外とやることは無いですし、かと言って数時間も待つわけではないので飲食店へ行くのももったいないと思ってしまうんですよね。そういう時に大活躍するのが、空港のラウンジです。このラウンジの利用権として設定されているのが、特定のクレジットカード会社のカードを持っているかどうかなんですよね。契約しているカードの種類にもよりますが、概ね無料で利用できる点が非常に助かります。ここでゆったりすることによって、次なる地への思いを馳せながらちょっとした優越感を得ることができますよね。実はささやかな贅沢です。

飛行機を乗る時にクレジットカードを活用しています

私は最近は国内や海外に出張する機会が多くて、飛行機に乗る時に掛かる運賃をクレジットカードのポイントとして溜めています。契約したクレジットカードは、海外のクレジット会社と航空会社と連携している事が特徴で、溜めたポイントが失効しない点にメリットを感じます。契約した時に幸運にも担当者から年会費が無料になるキャンペーンをしている事を告げられたので、最初の1年間は年会費が掛からなくて済みました。頻繁に飛行機を利用する事で、高い運賃が掛かる事によって溜まるポイントのスピードが速いです。溜めたポイントはマイルという単位で取り扱われて、飛行機に乗る時の運賃に還元される仕組みになっています。多くのマイルを溜める事で、国内や海外に向けて飛行機を利用する時の運賃の節減に繋がります。

カードを1枚で収めたいなら楽天カードVISAのEdy機能付がおすすめ

私はマクドナルドによく行きます。そんな時に便利なのが楽天カードです。ネット上だけでもすでに最強カードかもしれません。そんな楽天カードですが私はVISAでEdy機能付のものを使っています。このカードは優れものでチャージは不要になります。通常のEdyではチャージをして使いますがこのカードは不要になります。そこがとても便利なのです。チャージという煩わしさから抜け出せます。そもそも、カードを取得するということは決済をシンプルにスタイリッシュにということだと思いますのでその点をこのカードはカバーしています。また、Edyは楽天グループの傘下になり、利便性が増したと思っています。電子マネーは使うまではよくわからないから使わないという感じですが一度使ってしまうと便利すぎてやめることが考えられなくなります。それだけ便利なものです。ぜひご検討ください。

幼児の手を離せない時にクレジットカードは便利

小さい子供と一緒に買い物へ行くと、レジでいちいち現金を数えて支払うことが大変です。「たったそれだけのこと何が大変なんだ」と思われそうですが、まだ小さな子供の手を放すことができない時ってレジで小銭を数えている時間ももどかしかったりするのです。レジで小銭を数えて出してお釣りを貰ってお財布の中にお釣りをしまうと、ここまでの時間がたとえ一分だったとしても、幼児というのは手を離したすきにどこかへ行ってしまうものです。やはり、そんな時は現金を数えて支払うよりもクレジットカードが便利なのです。クレジットカード払いだったら片手でも事足ります。幼児の手をつないだままで支払いを終えることができるのはクレジットカード払いならではだと思うのです。

どのカードと契約するのか悩みます。

大型のチェーン店には必ずといっていいくらい、何割引等の特典が付いてるので契約しようかどうか悩みます。20代の頃はクレジットカードは月末に引き落とされるので、銀行の残高が気になりましたが、30代になると収入も増えるのでさほど気にならなくなりました。しかし、小さい頃からクレジットカードはなるべく加入するなと親や親戚から言われて来たので今でも抵抗あります。でも…日本人の気質なんでしょうかね?お得な特典が沢山付いてると1枚くらいクレジットカード持っててもいいかな?と思ってしまいますね。1枚持つと2枚くらいは…と、どんどん増えていきそうなのでしっかりと吟味したうえで契約するクレジットカードを決めようと思います。

ネットでの買い物ではついつい使い過ぎてしまいます。

欲しい物があると1日でも早く手元に到着して欲しいので、銀行振り込みよりもクレジットカードで代金を払います。振り込みの方がお金が減っていくのが分かるので、僕には向いてるのですが、少しでも早く欲しいのでクレジットカード払いを選択してしまいます。月末に使った分が減るので、気を付けなければいけないのですが、自分に欲しい物があるとブレーキをかけられないんですよね。ここまで聞くとお金の使い過ぎで破綻してるイメージを受けるかもしれませんが、今までカード払いが遅延した事はありません。支払いが遅延したら信用が無くなるので、将来生活がしにくくなりますから、きちんと支払うように心がけてます。来月からはクレジットカードの使い過ぎに気を付けて、生活が苦しくならないようにしたいです。

クレジットカードの明細を見て家計の節約に役立てる

 クレジットカードの明細を確認するということは、ただ単に利用額を知るというだけの意味にとどまらないです。では他にどんな意味があるのかというと、それは家計の把握です。クレジットカードで公共料金の支払いをまとめていると、何にお金を使ったのかが明細を見ればひと目でわかります。そこで、予想以上に使い込まれている項目があったら、その部分は節約しなければいけない対象です。 クレジットカードの明細を見ればどれが突出した支払いになってしまっているのかがひと目で良くわかりますし、それをしっかりとチェックしておくことで節約の意識を高められます。ですので、クレジットカードの明細を毎月1回は必ずチェックし、家計の節約に役立てなければならないのです。